NLP資格の種類

日本は「米国NLP協会」が主流

License

NLP協会は大きく3つに分けられます。

  • 日本の上陸しているNLP協会は大きく分けてふたつ
  • 日本でもっとも受講しやすい米国NLP協会の資格基準にのっとって解説。
  • 米国NLP協会ではNLP基礎であるプラクティショナー、意識しないでも実践できるマスタープラクティショナー、NLPについて教えられるトレーナーの資格がある

米国NLP協会の資格と
どう仕事に役立つか解説

米国NLPの資格概要

日本には、2つの米国NLP協会が存在しています。1つめはリチャード・バンドラーの協会。NLP創始者であるリチャード・バンドラーは、これまで100万人以上にNLPのスキルを教えてきた人物です。

2つめはNLPを世界に広めたクリスティーナ・ホールの協会です。NLP創始者リチャード・バンドラーから指導を受けた人物。世界で数名しかいない米国NLP協会認定の「メタマスタートレーナー」という資格を持っています。

NLPプラクティショナー

コミュニケーションに卓越した人たちの思考や行動を分析して開発されたのがNLP。セミナーや講座を受けることで、NLPプラクティショナーの資格を得ることができます。

  • どう役立つの?
    この資格を取得すれば、人間関係やコミュニケーションが上手くいっていない理由を明確にすることができます。また上手く理由に対しての解決策も身に付けられるのも特徴。「思うように部下が付いてこない」「会社の上司と上手く関係が作れない」「相手の求めることが分からない」といった悩みを持っている人におすすめの講座です。
  • カリキュラムは?
    NLPの資格でいうと初級にあたるのがNLPプラクティショナーです。NLPの資格を取りたいと思ったらここからスタート。NLPプラクティショナーの資格を受ける人は、10日前後の講座を受講する必要があります。NLPの基礎をじっくり学んでいくのがこのコースの特徴。欠席しすぎると資格取得できなくなるので、出席率は100%を目指したいところです。

NLPプラクティショナー
について詳しく見る

NLPマスタープラクティショナー

NLPプラクティショナーで得た知識を深めて獲得できるのがNLPマスタープラクティショナー。人に影響を与えることができるNLP技術を学ぶことが可能です。

  • どう役立つの?
    この資格を取得すれば、セミナーやカウンセリングをする際にプロとしてNLPを活用できます。名刺にも「NLPマスタープラクティショナー」を名乗ることも可能。さらにNLPの最上級資格「NLPコーチトレーニング」を受講する権利を取得できます。
  • カリキュラムは?
    NLPマスタープラクティショナーは、NLPの資格レベルでいうと中級~上級にあたります。NLPマスタープラクティショナーは、初級のNLPマスタープラクティショナー資格を取得していなければいけません。カリキュラムでは、NLPマスタープラクティショナー講座で学んだことの応用や、より上級レベルの内容を学びます。NLPを人に伝えるスキルを身に付けられるのがポイントです。

NLPマスタープラクティショナー
について詳しく見る

NLPトレーナー

NLPマスタープラクティショナーのさらに上級資格がNLPトレーナーです。NLPの講師になることができ、セミナー運営・指導に携わることができます。

  • どう役立つの?
    この資格を取れば、NLPを教える専門家としてセミナーを開くことができます。NLPを教えることを専門に独立して仕事にできるのもNLPトレーナー資格の特徴です。
  • カリキュラムは?
    まずNLPトレーナーの試験を受けるためには、NLPマスタープラクティショナー資格を取得していなければいけません。トレーナーになるにはアメリカでセミナーを受けてテストに合格する必要があります。スクールによっては、トレーナーになるための講義を行っているところも存在。コーチングの実践練習やトレーナービジネスについて学ぶことができます。

NLPトレーナーについて詳しく見る

選び方次第で効果が変わる、
自分にあったNLP講座・
スクールの選び方

大切なのは、身に付けたNLPのスキルをどう活かしたいかを明確にすることです。「同僚との人間関係を円滑にすすめたい」「部下に信頼される上司になりたい」「カウンセリングやコーチングに活かしたい」などNLPを学ぶ理由はさまざま。また内容だけでなく予算や通える時間なども含めて、自分にあったNLP講座を選ぶようにしましょう。

NLP講座の選び方を
詳しく見る

TOPに戻るTOPに戻る