ネガティブなイメージや考え方をコントロールする(サブモダリティチェンジ)

ネガティブなイメージや考え方
をコントロールする
サブモダリティチェンジ

対人関係に、自分の感情のコントロールに役立つ
NLPメソッド大公開

サブモダリティを変えれば、自分の気持ちも変わる

  • 視覚的な距離が近ければ近いほど気持ちは強くなり、遠ければ遠いほど弱くなる。記憶も同じ。
  • サブモダリティには主観的に記憶を見る「アソシエイト」と、客観的に見る「ディアソシエイト」の2つに分類される。
  • 嫌な記憶は遠ざける、楽しい記憶は近づけることによって、気持ちをコントロールすることができる。

効果的にサブモダリティチェンジを習得する
NLP講座の選び方

サブモダリティチェンジで
気持ちの強弱をコントロール

例えばあなたはステーキが大好物だとしましょう。目の前にこんがり焼けたステーキがあるのを見た場合と、お店の外からステーキがあるのを見た場合では「食べたい」という気持ちに違いが出ませんか?

同じ食べ物でも、目の前にあるのと遠くにあるのとでは、目の前にある場合の方が、より「食べたい」という気持ちが強くなります。

視覚には距離という要素があり、その距離によって受ける感覚が異なります。視覚の距離など五感の構成要素をNLPでは「サブモダリティ」と呼びます。

もちろん、目に見えるものはこのサブモダリティが大きく関係しているのですが、気持ちもサブモダリティが大きく関係しているのです。

アソシエイトとディソシエイト

先程、ステーキを思い浮かべるという作業をしましたが、これをアソシエイト(実体験)と言います。自分の目を通して見た風景を思い浮かべることで、気持ちをイメージすることができます。

一方、ステーキを食べたそうにしている自分の姿を思い浮かべることをディソシエイト(分離体感)と言います。

どちらもサブモダリティですが、アソシエイトは当事者の気持ち、ディアソシエイトは客観的な人の気持を想像するという違いがあります。

記憶のサブモダリティチェンジをする

記憶にもサブモダリティが存在します。距離やアソシエイト、ディアソシエイトの違いによって、同じ記憶でもそれから受ける感覚は違うものです。

記憶というのは過去の出来事なので、今現在は起こっていないのですが、嫌な記憶を引きずっているという人は、記憶が等身大となっています。

サブモダリティを変えること(サブモダリティチェンジ)によって、記憶に対する感覚を変え、嫌な思い出が軽減できます。

嫌な記憶を遠ざけて、良い記憶を近づける

例えばあなたが恋人と喧嘩したことをずっと引きずっているとしましょう。そのとき、恋人からひどいことを言われた、あるいは自分も言ってしまったという記憶が近く感じられるようになっていると思います。

それを客観的なディアソシエイトに変えて、2人が喧嘩をしている光景を遠くから眺めているようにイメージすると、嫌な気持ちが軽減されていくかと思います。

逆に2人でデートに行ったり、旅行に行ったりしたときの光景は、自分の目で見るアソシエイトに切り替えて、今でも体験しているかのように記憶の距離を縮めてみてください。そうすると楽しかった思い出が蘇るようになるかと思います。

嫌な記憶は遠ざけ、楽しい思い出は近づけることで、恋人との関係も修復できるようになります。

職場で役立つ
サブモダリティチェンジの事例

  1. サブモダリティチェンジで苦手意識を持っていた上司との関係を修復した事例

    Aさんは上司のBさんに非常に強い苦手意識を持っています。それはAさんが仕事でミスをして激しくBさんに叱責されたのが原因です。今でもBさんの大きな声や表情が頭から離れないのです。

    しかし、Aさんは事務所の外に出るように、叱責されている光景を遠くから客観的に見えているようにイメージしました。すると、なんとなく気持ちが落ち着いてきたのです。

    さらに叱責されている記憶だけでなく、Bさんに褒められたり、一緒に飲みに行ったり、雑談したりしている記憶を近く、今起きていることかのごとくイメージするようになりました。すると、「仲良くやってきたんだから、これからも仲良くできる」と思えるようになったのです。

    こうしてサブモダリティチェンジをしたところ、AさんはBさんに再び報告や相談などをするようになり、ギクシャクしていたAさんとBさんの関係は元通りになったのです。

サブモダリティチェンジを
わかりやすく漫画で解説

サブモダリティチェンジ_漫画で解説1

「最近ずいぶん落ち込んでいるみたいだけど 大丈夫?」

サブモダリティチェンジ_漫画で解説2

「先輩、お疲れ様です。実は少し前に仕事でミスをして、課長にひどく叱られまして…
ミスを取り返してからは、課長も普段通り接してくれているのですが、それ以来なんだか私の方がギクシャクした態度をとってしまっていて」

サブモダリティチェンジ_漫画で解説3

「なるほど…
いまの関係自体は悪くないはずなのに、華さんのなかにある課長のイメージが怖いままなのか」

サブモダリティチェンジ_漫画で解説4

「そうなんです
課長も気にしてくれているのか、いつもより話しかけてくれるんですが、つい私の方が身構えてしまって…」

サブモダリティチェンジ_漫画で解説5

「なら、華さんの中の
「課長のイメージをコントロール」してみるといいかも」

サブモダリティチェンジ_漫画で解説6

「コントロール?それはどういうことですか?」

サブモダリティチェンジ_漫画で解説7

「実際にやってみるね。まず、華さんが課長に怒られていたときを思い出しながら、そのときの課長を思い浮かべてみて。その課長はどんな顔でどんな声だった?」

サブモダリティチェンジ_漫画で解説8

「う、う…やってみます。
すごく怒っていて、声も荒げてます…」

サブモダリティチェンジ_漫画で解説9

「そう、それは華さんから見た課長の記憶だよね。じゃあ少し記憶の視点をコントロールして、華さんが課長に叱られているところを客観的に、部屋の窓の外から見ているところをイメージしてみて。
できれば頭の中のイメージを、モノクロ映像にしてみるといいかも。どう?ちょっと怖い気持ちが遠ざかった感じがしない?」

サブモダリティチェンジ_漫画で解説10

「…あっ、本当ですね。
頭の中の課長の叱り声も、少し小さくなった感じがします」

サブモダリティチェンジ_漫画で解説11

「じゃあ今度は、さっき言っていた『課長が気を使って話しかけてきてくれている』ところを思い出してみて。
そのときの課長はどんな顔でどんな声だった?今度はそれを客観的にじゃなくて、華さんから見たイメージで、鮮明に思い浮かべてみて」

サブモダリティチェンジ_漫画で解説12

「こっちの緊張をほぐしてくれようとしてる感じがわかります。課長、私を元気づけようと色々話しかけてくれてたなぁ…
こっちの緊張をほぐしてくれ うん、何だか、課長が怖い気持ちが薄れてきたような感じがします。先輩、これってなんですか?」

サブモダリティチェンジ_漫画で解説13

「これは「サブモダリティチェンジ」といって、嫌な記憶は遠ざけていい記憶は近づける、という
「NLP」という心理法の一種だよ」

サブモダリティチェンジ_漫画で解説14

「へぇ、心理法なんですね。でも何だか難しそうです」

サブモダリティチェンジ_漫画で解説15

「そんなことないよ。NLPは難しい理論というより自分自身の考え方をスイッチするようなものが多いから『勉強』というより『役立つテクニック』を身につけているイメージなんだ。講座もたくさんあるけど、自分に合ったものを選ぶと楽しいよ」

サブモダリティチェンジ_漫画で解説16

「へぇ・・・
私でも参加できるのかな?」

効果的にNLPを学べる
講座の選び方

NLPのメソッドやテクニックはネットや書籍で学ぶことは十分に可能です。ただ、職場や仕事で活かすためには、対人で実践できる講座がオススメ。なかでもより効果的に学べる多様な年齢層や職種の人のいる講座をどういう基準で選ぶのか?おすすめの講座はどれか?などを紹介します。

TOPに戻るTOPに戻る