NLPとコーチングの実用性の違い

NLPとコーチングの実用性の違い

Coaching
  • いずれもコミュニケーション能力を高めることができるので、ビジネスや日常生活に生かすことができる。
  • NLPは自身の問題解決も得意とするため、実用性が高い。
  • コーチングは主にビジネスシーンに活用できる。

実用性の高さ

NLPもコーチングもコミュニケーション能力を向上させる学問なので、ビジネスや日常生活に生かすことができます。NLPは自身の問題解決にも高い効果を発揮する一方、コーチングは相手の能力を引き出すことが主です。

NLP

NLPを学ぶことによってコミュニケーション能力を向上させ、対人関係を改善させることができるようになります。相手が置かれている状況がわかるようになり、相手の問題を解決できるようサポートすることも可能です。相手に抵抗感を抱かせず、良い方向に導くことができるでしょう。

また、相手だけでなく、自身の精神的な問題を乗り越え、明確なビジョンを設定し、目標を達成できるようになるのも特徴です。感情をコントロールできるようになるので、ストレスを減らすことができるでしょう。日常生活にも仕事にも生かすことができ、実用性は高いと言えます。

コーチング

コーチングは相手のために使うスキルなので、部下の育成や営業に利用することができます。高い対話力が身につくので、ビジネス全般に効果的。職場でのコミュニケーション改善にも役立つでしょう。

また、コーチングのスキルを深めることによって、コーチングそのものを仕事にできる可能性もあります。カウンセラーやトレーナーとして、独立できるかもしれません。コミュニケーション能力が高まると、日常生活や家庭での対人関係を改善させることもできます。自分自身をクライアントとして設定し、自問自答を繰り返して自分にコーチングすることも可能です。

仕事や現場で役立つ心理学の
基本となるのは やっぱりNLP

コーチングをするために必要なのがNLPのメソッド

以上のように、教育コーチングは「傾聴」「質問」「承認」という3つの手法が用いられます。それらを実践するためには、高いコミュニケーション能力が必要とされるため、NLPでコミュニケーションのしかたを学んだ上で教育コーチングを実施するのが効果的です。

例えば信頼を築く「ラポール」や、相手を観察する「キャリブレーション」を活用すれば、コミュニケーションの土台が出来上がります。

質問をするときでも、「メタモデル」を使えば気づきを与え、「ミルトン・モデル」を使えば自発性を引き出すことができます。

実際に行動させるときには「ストラテジー」や「スウィッシュ」を用いると良いかもしれませんし、承認するときには、意識を変える「リフレーミング」が使えます。

以上のように、教育コーチングとNLPを組み合わせることで、相乗効果が期待できます。

特にコーチングをする立場の方には、NLPを勉強していただくことがおすすめ。まずはどのように勉強すればよいか、ご自分に合った方法を探してみて下さい。

TOPに戻るTOPに戻る